ただいまの口コミ投稿数142,975件!温泉からはじまる旅がある 宿が選べるQ&Aランキング

白骨温泉「白骨の名湯 泡の湯」の口コミ&詳細

291
おすすめ!
白骨の名湯 泡の湯

この湯は三年忘れない!こころを溶かす混浴露天…白濁ぬる湯の名湯白骨温泉

「白骨の名湯 泡の湯」のホテル詳細

温泉

お風呂の種類
温泉、大浴場、露天風呂、家族風呂、天然温泉
泉質
硫黄泉、炭酸水素塩泉、単純硫化水素泉
効能
胃腸病、美肌効果、リウマチ・神経病

食事場所

朝食
個室、食事処
夕食
個室、食事処

チェックイン・チェックアウト時間

チェックイン
15:00(最終チェックイン:18:00)
チェックアウト
10:00

交通アクセス

松本ICより車60分 東海北陸道・高山西ICより車60分 国道158号線沢渡(さわんど)より県道300号線約10分。

提供:楽天トラベル

「白骨の名湯 泡の湯」についての口コミ

  • 混浴大露天風呂で雪見酒、まるで極楽浄土に来たような気分!

  • 今や皆さんご存知の白濁の混浴大露天風呂。広々とした露天風呂で夫婦、親子或いは仲間で雪見酒と洒落込める。食事は年々レベルが上がっている。幾つかの会席プランから選択出来る。霜降りの黒毛和牛ももちろん美味いが清流魚の塩焼も堪らない。朝食の温泉粥も癖になる。とにかくここは天国とか極楽とか言う言葉が良く似合う。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/1/27)

通報する

  • 長野でも随一の 量を誇り飲泉できる源泉掛け流しの天然温泉お宿

  • 同僚とお2人、白骨温泉旅行でしたらこちらのご希望通り【源泉掛け流し】の大露天風呂がある温泉お宿はいかがでしょうか。秘湯ともいわれ全20室のお部屋だからこそできるきめ細やかな対応を心掛けてある寛げるお宿です。有料とはなりますがお部屋でのマッサージも可能です。お食事はお食事処にて信濃コースなどに舌鼓できます。無料駐車場完備です。
    シャンちゃんさんの回答(投稿日:2024/7/12)

通報する

  • 他にも貸切風呂の有る宿も有るが、思い出になる当宿をお薦め!

  • 白濁色の混浴大露天風呂がある。透けることの無い湯は青白く濁って見える。入り口は男女別々なので、普通に入れる。1日中入れる。色の割に湯は優しいので、小さなお子さんでも入れるだろう。貸切の家族風呂ももちろん有る。内湯には、炭酸泉を使っているので、 37℃の低温の湯も有る。夕食の会席コースはメインを黒毛和牛か和豚もち豚の選択になる。前菜からスイーツまで14品のじっくり味わえる山の会席料理だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2024/6/30)

通報する

  • 泡の湯で至福のひと時

  • 「白骨の名湯 泡の湯」は、白骨温泉の中でも特に人気のある宿泊施設です。その最大の魅力は、大自然に囲まれた乳白色の大きな露天風呂から季節ごとの景色を肌で感じながら至福のひと時をお楽しみいただけること。また、檜の香りが立ち込める内湯は昔ながらの湯治湯の風情にゆったりおくつろぎいただけます。透明な湯舟に入浴しますとたくさんの泡がつきます。これがこの宿の名前の由来です。
    たけやんさんの回答(投稿日:2024/3/23)

通報する

  • 関東なら白骨温泉の、テレビでもお馴染みの「泡の湯」だろう!

  • 白濁色の温泉場はもちろん他にも幾つか有るが、関東と勝手に仮定すると、テレビで度々登場する湯宿の「泡の湯」をお薦めする。男女混浴の大露天風呂として、いつも紹介される。昔は秘湯とも呼ばれたが、今では車でも行けるので、現実的な選択肢だろう。混浴で有っても、湯浴み着で入れるし、入口は男女別々でそのまま浴槽に浸かった状態で入れるので、特に気にする方もいない。大露天風呂の湯温は低いので、長く入っていてものぼせる事は無い。珍しい炭酸硫黄泉なので温度は高く無い方が良いので都合も良い。広い浴槽なので、大抵は知り合い同士のグループが点在している。他には男女別の檜の内風呂と露天風呂が有る。身体は熱湯では無いのに良く温まる。食事は今やこんな山奥とは思えない本格的会席料理だ。個室の食事処でゆっくりと食べられる。朝は川魚の焼魚を始めとした郷土料理の小鉢で、有名な温泉粥を頂き、お腹いっぱいになる。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2023/4/26)

通報する

  • 古くから秘湯の宿として人気を博している温泉宿です。

  • 白骨温泉にお越しでしたら「泡の湯」はいかがでしょうか。白骨温泉では古くから秘湯の宿として人気を博している温泉宿です。温泉は美肌効果の高い乳白色の硫黄泉で信州随一の豊富な湯量が魅力です。日帰り入浴も受け付けており本館の大浴場と宿名物の混浴大露天風呂で大自然を満喫しながら至福の湯あみを体験できます。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2023/4/24)

通報する

  • 泡の湯の乳白濁色の混浴大露天風呂は、登別にも無いくらい広い!

  • 混浴だから、家族一緒に入れる。女性でも心配する必要はない。露天風呂は女性風呂から、続いているので、自然に入浴出来る。また、乳白濁色なので上からは透けては見えないのと、とにかく広々としているので、カップルや家族、友達同志などのグループで固まっている。この他にもちろん男女専用の露天風呂も内風呂も有る。食事はこだわりの和食会席に朝は健康食材で固めた和食膳、特に他の温泉場でも有るが、温泉粥は特に美味い。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/8/ 8)

通報する

  • 客室のおもてなしは、お茶やアメニティーに色浴衣が用意されてる

  • 今やTVでも紹介され、有名になっているが、混浴の大露天風呂は手足を思いっ切り伸ばせて、開放的で気持ち良い。女性は本当に心配不要だ。女性風呂から続いているので、自然に入浴出来るのと、風呂の色は乳白濁色なので、上から透けては見えない。風呂は広々としているので、実際は家族同志とか、友達同志とかの知り合いで固まっているので、気にはならない。もちろん男女専用の露天風呂は元より内風呂も有るので、神経質になる必要はない。部屋に戻れば、アメニティーやお茶菓子の他に色浴衣が用意されている、食事はこんな山の中に有っても、新鮮な山の幸、海の幸でこだわりの日本料理で、夕食は和食会席で、朝は健康に留意した和食膳で迎えてくれる。ここの温泉粥は忘れられない。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/8/ 8)

通報する

  • 家族構成、人数等分からないので、間違いない「泡の湯」をお薦め

  • 何と言っても有名なのが、混浴露天風呂大浴場だ。女性は水着か湯浴み着着用で入れる。非常に広いので、実際は家族やグループ同士が集まって入っているし、白濁色のお湯なので、外からは見えないし、入る時は男女それぞれから入るので、自然に入れるので、気にすることは殆ど無い。むしろ、広々とした湯舟と壮観な自然に触れる醍醐味を味わって欲しい。食事は郷土料理で独特のアレンジされた会席料理だ。全体に秘湯感も有って、一度は訪れるべき宿だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/7/ 3)

通報する

  • 日帰りでも、白骨温泉名宿「泡の湯」の混浴風呂に入るが良し!

  • 10:30〜13:30まで1,000円で入浴出来る。有名な混浴露天大浴場も内湯も利用できる。混浴露天風呂は夏場の方が良い。夫婦一緒に入れるのも良い。炭酸泉なので、湯温は余り高く無いので、冬場は気温の低い時は少し寒いくらいだから。また、食事は無い。恐らく、ランチ付き等の日帰り温泉をやっているところは、白骨温泉には無いのでは無いか。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/6/30)

通報する

  • 折角の誕生日祝いなら、「泡の湯」でしょ!

  • 「泡の湯」に夫婦揃って入れば、そりゃ良い思い出になるわな!白骨温泉を代表する乳白濁色の混浴大露天風呂。「3日入れば、3年風邪引をひかない」と言われるらしいが「30年は夫婦が上手く行く」と思う。料理人がこだわり拔いた地元食材をふんだんに使い、骨まで溶けるように焼いた地元川魚や創作郷土料理やトロトロのお粥を食べ、ぐっすり寝て、また、露天風呂に入る。長生きもすれば、夫婦末永く生きて生けますよ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/6/23)

通報する

  • 名物白濁の湯、混浴大露天風呂に家族一緒に入ろう!

  • 白濁の大露天風呂に混浴で入れるところは中々無い。眺めも壮観だし、冬なら雪見風呂になる。女性もここの露天なら余計な気遣いは不要だ。入口は男女分かれているが、そこから湯舟に直接入って行ける。湯は白濁なので、元々外から中は見えない。何しろ広いので、大体グループ同士で固まって入っている。食事は朝夕食とも、和食で夕食は会席、朝は和食膳になっていて、温泉粥が美味しい。部屋はほとんど和室で四人部屋が中心だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/1/31)

通報する

  • 混浴の大露天風呂で冬は雪見、春は新緑、夏は星空、秋は紅葉!

  • 白骨温泉に来たなら秘湯泡の湯の混浴大露天風呂に入らないと一生後悔する。家族水入らずで白濁の湯に入れるのはここの宿ぐらいだ。混浴でも女性は余計な心配は要らない。男女別の入口からそのまま浴槽に入れるし、広々とした浴槽は何も気にする必要は無い。もちろん熱湯、温湯の内風呂や男女別の露天風呂も有る。夕食は地元食材にこだわった和食会席と朝食は和食膳で温泉粥は忘れられない味だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/1/25)

通報する

  • 白濁湯の大露天風呂でカップルと絶景を見る時は癒やしの瞬間!

  • 白濁の大露天風呂は是非入って欲しい。混浴では有るが、気にする必要は全く無い、と言っていい。湯は白骨温泉の語源である白濁色で湯の中は見えないのと入口は男女分かれていて、そのまま湯に入った状態で浴槽に入って行ける。かなり広い大露天風呂なので、ほとんどは知り合い同士で固まっている。内湯がまた非常に珍しい湯で、炭酸泉で白濁の湯なのだ。ただ炭酸泉は高い温度には出来ないため少しぬるいのでもう一つの熱めの内湯と交互に入る。食事は黒和牛のステーキが美味いが他の料理も中々に美味い。朝食の朝粥がかなり美味かったのが忘れられない。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/1/20)

通報する

  • 夫婦水入らずの安心して入れる濁り湯大露天風呂

  • 泡の湯には男女別の露天風呂も有るが、夫婦やカップルで行ったのなら何と言っても混浴の大露天風呂に入るべきだろう。女性が余計な気を遣わなくて良いように、色々と工夫されている。元々ここの露天風呂の湯は白く濁っているので、外から湯の中は見えないのだが、男女別々の入口からそのまま風呂に入れるようになっている。実際は広い大浴場なので、カップル、仲間等のグループは固まりで別れて入っているのでそれぞれ話をしながら、のんびりと浸かっている。食事は地元食材をふんだんに盛り込んだ手の混んだ和食会席となっている。朝夕食共に満足の行く料理となっている。夫婦には是非お薦めしたい宿だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/1/16)

通報する

  • 混浴大露天風呂を夫婦、カップル、家族、グループで楽しむ!

  • テレビでも紹介された混浴露天風呂で有名な宿だが、お湯がとにかく良い。混浴だと女性は何かと気になるだろうが、実際白濁の湯は、上からは見えないし、広々としているので、ほとんどはグループ毎に別れて入っている。女性は入口から別れて入れるので、湯に入った状態で湯舟に入れる。女性専用の露天はもちろん有るが、一緒に景色を眺めながら、話しながら入るのはやはり、気持が良いものだ。是非味わって欲しい。食事は和食会席料理で山の中の宿だが、海のものも有って、美味しい。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2021/12/26)

通報する

  • 白濁の混浴大露天風呂、有名だが一度は夫婦や家族で行くべき!

  • 混浴を気にするのは、女性だろうが、心配は不要だ。女性は専用入口から湯舟に入って行ける。湯は白濁しているので、湯の中は見えないし、かなり広いので、実際はカップルや知り合い同士が固まって入っていて、それぞれグループ間の距離が有る。それと油温は余り熱くは無いので、長い時間入っていられる。源泉掛け流しの内湯も良い。食事は部屋食では無いが、食事処で人数規模に合わせた個室で食べることが出来、朝夕食共に和食で美味い。特に朝の温泉粥は異常に美味い。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2021/12/22)

通報する

  • 白骨温泉の中でも最大級の大露天風呂がありおすすめ

  • 白骨温泉にお越しでしたら「泡の湯」はいかがでしょうか。白骨温泉の中でも最大級の大露天風呂がありおすすめです。とにかく広く爽快でインスタ映えもします。四季を通じて入浴することができ、秋は紅葉、冬の雪見を楽しめます。私も昔一度だけ泊まったことがありますが夜の露天もきれいでいい感じでした。夕食で出た岩魚の塩焼きが美味しかったのをよく覚えています。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2021/6/ 9)

通報する

  • 湯量は温泉街随一で名物の混浴大露天風呂があります

  • 白骨温泉にお越しでしたら「泡の湯」はいかがでしょうか。山合いにひっそりと佇む秘湯宿です。温泉は源泉かけ流しで乳白色のお湯です。湯量は温泉街随一で名物の混浴大露天風呂があります。四季を通じて入浴でき夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪見を楽しめます。料理は地元信州の食材を中心にした月替わりの会席料理が頂けます。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2021/5/14)

通報する

  • 自慢は源泉かけ流しの大露天風呂

  • 白骨温泉にお越しでしたら「泡の湯」はいかがでしょうか。明治末期創業の老舗旅館です。こちらの自慢は源泉かけ流しの大露天風呂があります。温泉は乳白色からミルククリーム色やコバルトブルー等時間帯や気温によりお湯の色が変わります。また貸切露天風呂もあるのでプライベートに湯あみできます。夕食には信州食材を使った郷土料理、朝食では温泉水で炊いた温泉粥をいただけます。カップルでの宿泊にはおすすめです。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2021/4/30)

通報する