ただいまの口コミ投稿数93,786件!温泉からはじまる旅がある 宿が選べるQ&Aランキング

鳴子温泉「鳴子温泉 名湯の宿 鳴子ホテル」の口コミ&詳細

7色に変化するとろとろ美肌の湯は自然が奏でる温泉美。創業140余年の湯治文化を伝承する温泉宿。

「鳴子温泉 名湯の宿 鳴子ホテル」のホテル詳細

温泉

お風呂の種類
温泉、大浴場、露天風呂、家族風呂、天然温泉
泉質
炭酸水素塩泉、塩化物泉、含イオウナトリウム塩化物泉
効能
美肌効果、婦人病、リウマチ・神経病

食事場所

朝食
レストラン(バイキング)
夕食
広間、レストラン(バイキング)

チェックイン・チェックアウト時間

チェックイン
15:00(最終チェックイン:19:00)
チェックアウト
10:00

交通アクセス

JR鳴子温泉駅より徒歩にて5分。仙台駅から古川駅経由で電車で60分。仙台駅から高速バスもご利用可

提供:楽天トラベル

「鳴子温泉 名湯の宿 鳴子ホテル」についての口コミ

  • 広々とした浴槽で温泉満喫

  • こちらの大浴場は広々とし、内湯の浴槽も大きいため開放感たっぷりの中で温泉を楽しむことができました。浴室は和モダンな雰囲気で清潔感あります。昼食付の日帰りプランには、個室休憩もついているので、安心してゆっくりと滞在することができました。昼食は和膳で、品数もあり美味しくいただきました。フェイスタオル、バスタオルも貸してもらえますよ。
    くまたんさんさんの回答(投稿日:2021/1/13)

通報する

  • 老舗ホテルでJR駅に近く、温泉が素晴らしい!

  • 二つの大浴場の「芭蕉の湯」と「玉の湯」にはそれぞれユニークな風呂が有る。前者の大浴場は鳴子一、と言われる広々とした湯舟が有り、外気や湿度により、その色を変える。無色透明、乳白色、鶯色などの色に変化する。その他、座り湯、気泡風呂、半露天風呂が有る。また、後者には青畳石露天風呂と高野槇桶露天風呂の二種類の露天風呂が有る。また、有料だが「木華子の湯」が有り、二人で入るには広過ぎる湯舟で有る。食事は夕食が会席かバイキングの選択が有る。どちらも美味しいが、「みちのくバイキング」がお薦めだ。良く有るバイキングとは異なり、郷土色の強い、他では中々食べられないような郷土料理のようなものが並び美味しい。朝食はバイキングで旬の地元食材が新鮮で、サラダの野菜や果物、魚、卵、牛乳等、朝から健康的なスッキリした食事で食べ過ぎ無いように、と思いながらも箸が止まらない。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/6/17)

通報する

  • JR鳴子温泉駅から一番近い、徒歩でも行ける多彩な風呂の有る宿

  • 鳴子の老舗ホテルでJR鳴子温泉駅から徒歩5分位で着く。近いだけでは無く、風呂もとても充実していて、風呂に入っているだけで時間が過ぎてしまうくらいだ。二つの大浴場である「芭蕉の湯」と「玉の湯」には、それぞれ充実した風呂が有る。前者の大浴場の内湯は鳴子温泉で一番大きいと言われているくらい広く、ここの湯の色は温度、湿度によって色々変化する。無色透明、乳白色、鶯色等に変化する。また、座り湯、気泡風呂、半露天風呂も有る。かたや、「玉の湯」は大浴場の内湯の他に青畳石露天風呂と高野槇桶露天風呂等多種多様な風呂が有る。また、有料だが貸切風呂としては、広くて有名な「木華子の湯」が有る。数人で入るにはもったいない広さだ。食事は朝食はバイキングだが夕食については、会席かバイキングのどちらかを選択するプランになっている。会席がどうしても良い、と言う方以外は「みちのくバイキング」と言われている方を選択することをお薦めする。良くある和洋中バイキングでは無く、郷土色豊かな和食を中心とした料理で中々他では食べられないものが並ぶ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/6/17)

通報する

  • 老舗ホテルの会席へのこだわりに伝統の匠の技が表れている!

  • 鳴子ホテルの夕食は、バイキングか会席かを選択出来る。更に会席は選択肢が3つ有る。温泉会席ー江合、温泉会席ー花渕、温泉会席ー荒雄の3つで有る。朝食はバイキングになっている。風呂は多種多様で二つの大浴場、芭蕉の湯と玉の湯が有り、前者はとても大きな湯舟がメインでその他に座り湯、気泡風呂や半露天風呂が有り、後者にはメインの大浴場に二種類の露天風呂が有る。温度や湿度でお湯の色が変わる事で有名だ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/6/16)

通報する

  • 夕食は「みちのくバイキング」、朝食は100種類のバイキング!

  • 夕食は地元食材をふんだんに使った郷土料理満載の和洋中バイキング、オープンキッチンも多いので目でも楽しめる。朝は健康に留意した和洋バイキング。風呂は二種類の大浴場の芭蕉の湯、玉の湯が有り、内湯、露天風呂と楽しめ、更に青畳石露天風呂と高野槇桶露天風呂があって、たっぷりと露天風呂に浸かれる。貸切風呂の木華子の湯は有料だが、一度に15人くらい入れる広い風呂で4人だと50分2,200円で家族一緒に入れる。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/4/18)

通報する

  • 芭蕉の湯、玉の湯に様々の露天風呂と朝夕食のバイキング!

  • 二つの大浴場、芭蕉の湯と玉の湯。前者は時間帯や気温の変化で温泉の色が変わる。大浴場の露天風呂の他に、青畳石露天風呂、高野槇桶露天風呂と有料だが貸切風呂の木華子の湯が有る。15名くらいまで入れる広い湯舟だが4名で50分2,200円だ。食事は朝夕食バイキングで夕食はみちのくバイキングと呼ばれるように、地元食材を使った郷土料理も豊富で他では中々食べられないような料理が沢山有る。朝は和洋バイキングで健康に留意した美味しい料理だ。これで価格は平日なら大人一人11,000円程度、子供は年齢で大人の50%か70%だ、コスパは悪く無いと思うが如何がか。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/4/18)

通報する

  • 老舗宿の、時間の経過で色が変化する三種類の露天風呂!

  • 創業140年を越える当ホテルには多種多様の風呂が有るが、その中でも芭蕉の湯、青畳石、高野槇桶の三種類の露天風呂は時間を追う毎に色が変化していく。その他座り湯、気泡風呂、半露天風呂等や有料だが、15人は入れる広い貸切風呂が有る。食事は朝夕食バイキングで夕食の「みちのくバイキング」は地元食材を積極的に使用した郷土料理がふんだんに入ったバイキングだ。朝食は和洋バイキングだが、これまた、地元の新鮮野菜や地元の朝ご飯を食べれるような、印象的な朝食となっている。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/4/16)

通報する

  • 伝統の鳴子の湯治文化を伝承している名湯を源泉として持つ宿!

  • 三つの源泉を持つ当ホテルには二つの大浴場、芭蕉の湯と玉の湯が有る。前者にはすわり湯、大浴槽、気泡風呂、半露天風呂等が有り、後者には、大浴槽、二つの露天風呂が有る。その他最大15人くらい楽に入れる有料の貸切風呂、木華子の湯が有る。食事は朝夕食バイキングで、夕食は「みちのくバイキング」と称して、和洋中料理であるが、地元食材を使った創作郷土料理が割と多く朝は和洋バイキングで健康に留意した料理になっている。価格は大変リーズナブルで曜日、日にちで異なるが、一人8,500円から一万円の前半くらいだ。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/4/14)

通報する

  • 禁煙和室の朝夕食バイキングで大人一人10,450円から!

  • 清掃が行き届いているホテルは実際には中々無いが、従業員の教育がきちんとされているかどうかが重要だと思うので、その点から、老舗ホテルの一つ鳴子ホテルをお薦めしたい。鳴子ホテルは何年か前から「みちのくバイキング」と称して、和洋中のバイキング料理ではあるが、旬の地元食材を積極的に取り入れた創作郷土料理に取り組んでいて、それが他では食べれない美味しいものだ。朝食バイキングも種類も多く、子供も食べ易い料理も多い。お風呂は多種多様の湯殿が有る。二つの大浴場の内湯と露天風呂を中心に別に二種類の露天風呂が有り、有料だが貸切風呂が有る。少し広すぎるが、4名で50分間で2,200円だ。

    回答された質問:家族で鳴子温泉に行きたい!

    Shinryukenさんの回答(投稿日:2022/4/14)

通報する

  • 館内や室内はとても綺麗で清潔感があります。

  • 鳴子温泉にお越しでしたら「鳴子ホテル」はいかがでしょうか。明治6年創業の老舗旅館ながら館内や室内はとても綺麗で清潔感があります。客室は和室中心で広くゆったりしています。中でも全国的にも珍しい足湯つきのお部屋では鳴子の美しい風景を眺めながら楽しめます。温泉は3本の自家源泉を有しており湯量も豊富。広大な大浴場や露天風呂など多彩な湯殿で疲れを癒せます。

    回答された質問:家族で鳴子温泉に行きたい!

    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2022/2/27)

通報する

  • 鳴子温泉にあるかけ流しの温泉宿

  • 鳴子温泉にあるお宿で、足湯がついたお部屋もあり、外の景色を眺めながらのんびり入浴を楽しめます。みちのくバイキングでは、東北の食材をたくさん使った料理の数々を楽しめます。品数も多く、おすすめです。御風呂は、3本の自家源泉からひいた豊富なお湯を使い、源泉かけ流しの新鮮な温泉を楽しめます。
    わらびもちさんの回答(投稿日:2022/2/12)

通報する

  • 出張帰りに行き日帰りで温泉に入ってランチできる宿です

  • 鳴子温泉で創業明治6年の湯治文化を伝承する宿です。こちらなら2日前迄の事前予約制の昼食付き日帰り個室休憩プランがあります。また炭酸水素塩泉のお湯の色が透明、緑色透明、乳白色、鶯色等に変化する温泉をそよぐ風が心地よい露天風呂「芭蕉の湯」や大浴場檜風呂「玉の湯」・木の温かさと香りを感じる高野槇桶露天風呂・青畳石露天風呂などで楽しめます。そして昼食ですが、旬の食材を使った和食膳が食べられますよ。
    うまきさんの回答(投稿日:2022/1/ 6)

通報する

  • 源泉を楽しめるホテル

  • 源泉掛け流しの湯であり、湯量も豊富で風呂場も広い。客扱いはさっぱりしていて、応対は洗練されている。何よりも素晴らしいのは夕食のバイキングで、一つ一つの料理の質が高く量も豊富で、美味しい美味しいと食べているうちに腹一杯になってしまう。
    栗原のたかちゃんさんの回答(投稿日:2022/1/ 5)

通報する

  • 鳴子温泉で宿泊客無料サービスでスキーのリフト券がある宿です

  • 鳴子温泉で創業明治6年の湯治文化を伝承する宿です。こちらならスキーのリフト券が付いた冬季限定プランがあります。またかけ流し弱アルカリ性温泉を木の温かさと香りを感じる高野槇桶露天風呂や青畳石露天風呂・大浴場檜風呂「玉の湯」で楽しめます。そして食事ですが、バイキングレストラン宮城野で目の前で調理する「オープンキッチン」スタイルで焼きたて揚げたてを食べられます。特に鮎の姿焼きやはらこ飯などは絶品ですよ。
    うまきさんの回答(投稿日:2021/12/26)

通報する

  • 七色のお湯と多種多様な露天風呂が楽しめるホテルは鳴子ホテルだ

  • 鳴子温泉へ行くなら、老舗鳴子ホテルを外すことは考えられない。マニアックな宿は他にも幾つか有るが、まずは当該ホテルを経験してから行くべき。ここの大浴場は非常に広く、泉質や湯の色が気温、湿度で変化する面白い温泉だ。露天風呂も青畳石、高野槇桶やら色々種類が有り、寝湯とかも有るので、時間があっという間に過ぎてしまう。但し、このホテルにサウナは無い。食事は会席料理のオーダースタイルの他、バイキングスタイルも有る。若い方ならバイキングが良いのでは、と思う。私の場合は、夫婦で行った時は、会席膳にしたが、息子達と行った時はバイキングにしたが、どちらも美味しかった。コスパも良い。部屋にも依るだろうが、一人二万円以下で有る。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2021/12/23)

通報する

  • 鳴子温泉にバスツアーで女子旅で行きアクセスの良いホテルです

  • 鳴子温泉で創業明治6年の湯治文化を伝承する宿です。こちらならJR鳴子温泉駅から徒歩5分とアクセスがいいです。また女性に嬉しいナトリウム塩化物泉で美肌効果の温泉を鳴子温泉エリアで一番大きい大浴場「芭蕉の湯」「玉の湯」や鳴子の雄大な山々を望める青畳石露天風呂・高野槇桶露天風呂・広々とした貸切風呂「木華子の湯」で楽しめます。そして食事ですが、バイキングレストラン宮城野で鮎の姿焼きなど和・洋・中 常時50種類の料理をバイキング形式で食べられますよ。
    うまきさんの回答(投稿日:2021/12/18)

通報する

  • 温泉の醍醐味、トロリとした肌触り、色、匂いを教えてくれる

  • これぞ温泉と言う硫黄の匂い、乳白色、黄色など湯の色が外気温や湿度の変化で変わって行く様を神秘的に味わう事が出来る。3種類の大浴場は飽きさせる事は無い。男女交替制なので貸切風呂も含めて湯巡りしたくなるだろう。140年の歴史を持つ「名湯の宿」と呼ばれる所以を知るだろう。湯をいただいた後のみちのくバイキングは、風呂で消費したエネルギーを手の混んだ料理で一気に回復させてくれる。これでてコスパは信じられないくらい高い。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2021/12/ 3)

通報する

  • 鳴子ホテルの湯を知らずして、日本の温泉は語れない。

  • 日本に生まれて良かった、と思う事が人生には何回か有る。このホテルに宿泊する時もその一つ。鳴子でも一番大きいと言われる三種類の大浴場に入ると「あー温泉に来た」、としみじみと実感させられる。色、匂い、トロリとした肌触りもみな違う。誰しもが温泉と実感する硫黄泉の匂いが妙に心和ませる。食事も地元食材をふんだんにしたバイキング(基本バイキング、コロナ禍で部屋食の時も有ったようだ)でみちのくの料理を味わえる。
    Shinryukenさんの回答(投稿日:2021/12/ 3)

通報する

  • 効能豊かで現在も湯治で利用される方も多いです。

  • 鳴子温泉にお越しでしたら「鳴子ホテル」はいかがでしょうか。明治6年創業の老舗ホテルです。温泉は源泉を3本有し湯量も豊富。泉質は硫黄塩泉、硫酸塩泉、ナトリウム塩化物泉で婦人病、リュウマチ、神経痛など効能豊かで現在も湯治で利用される方も多いようです。大浴場と露天風呂など多彩な湯殿でゆったりと湯浴みできます。時間や温度によりお湯の色も変化するのも興味深いです。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2021/11/28)

通報する

  • 宮城の食材を使った郷土料理を楽しむことができます

  • 「鳴子ホテル」はいかがでしょうか。こちらの「みちのくバイキング」がおすすめで宮城の食材を使った郷土料理を楽しむことができます。料理は、オープンキッチンから揚げたてや焼き立てを提供しています。ちゃんこ鍋や鮎の塩焼きや天ぷらやピッツアなど人気メニューが揃っています。ソフトドリンクの他宮城の地酒もも楽しめます。2食付きで1万前後で宿泊できおすすめです。
    Natural Scienceさんの回答(投稿日:2021/8/16)

通報する