ただいまの口コミ投稿数22,825件!温泉からはじまる旅がある 宿が選べるQ&Aランキング

城崎温泉 西村屋本館のクチコミ&詳細

78
おすすめ!
城崎温泉 西村屋本館
  • 4.5
  • クチコミ数 : 78 件

兵庫県豊岡市城崎町湯島469 地図をみる

料金を表示する

  • 創業150年の歴史と伝統を今に伝える老舗旅館

  • 西村屋本館は、建物の一部が国の登録有形文化財に登録されている伝統ある旅館。客室は、よく手入れされた日本庭園を取り囲むように設計されており、純和風の設えと合わせて、日本文化を存分に堪能することができます。
    露天風呂付客室は4室。野趣溢れる岩造りのお風呂が2つ、上品な陶器のお風呂と、木の香漂う檜のお風呂の4つで、四季折々の日本庭園を眺めながら湯浴みすれば、身も心もリフレッシュできるでしょう
    また、松葉かに・但馬牛など但馬の旬の食材をあしらった豪華で美味な会席料理と心づくしのおもてなしで大満足できますよ
    なおちゃんさんの回答(投稿日:2020/1/23)
  • 城崎温泉で豪華な料理とお部屋のお風呂

  • こちらは露天風呂付きの特別室があり、レトロで風情のある純和風のお部屋を楽しめます。二間続きの構成で、広くてゆっくりと足を延ばしてくつろげます。食事は但馬牛と松葉ガニを楽しめ、熟成肉のステーキ、カニ刺し、カニしゃぶなど豪華なメニューでした。創業150年の歴史のある旅館で、贅沢な時間を過ごせます。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2020/1/17)
  • 純和風の老舗温泉旅館

  • 城崎温泉にある老舗の温泉旅館です。純和風の数寄屋造りの旅館で、部屋から和の庭園を楽しめる雰囲気抜群の宿です。露天風呂付のお部屋も有り、ゆっくりとリラックスして快適に過ごすことができる宿でおすすめです。
    おるるさんの回答(投稿日:2020/1/ 7)
  • 静かで落ち着きがある城崎温泉の宿

  • こちらは老舗旅館で、昔ながらの雰囲気や、静かで落ち着きのある空間づくりのある温泉宿です。お部屋からは日本庭園が望めて、和の風情と情緒にあふれています。お部屋の造りも純和風の素敵なインテリアを楽しめます。料理は松葉ガニのプランがたくさんそろい、贅沢を楽しめます。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/12/28)
  • 情緒にあふれた内湯を楽しむ

  • こちらはモダンな木の造りの内湯で、落ち着いた雰囲気を楽しめます。情緒にあふれていてノスタルジックな気分に浸れます。料理は松葉ガニと但馬牛のプランがあり、ブランド尽くしで贅沢です。ご希望通り部屋食でゆっくりと楽しめます。お部屋は日本庭園が望める二間続きの間取りで広くて快適です。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/12/22)
  • 歴史がある城崎温泉の宿

  • こちらは老舗旅館で創業100年以上の歴史があり、数多くの人たちに愛され続けてきました。今もその文化と趣は昔と変わらず、情緒と風情にあふれています。お部屋は純和風でインテリジェンスな見た目を楽しめ、古くなくメンテナンスが行き届き、モダンテイストを楽しめます。料理も上品で目と舌で楽しめる内容です。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/12/17)
  • 高級感を味わえる旅館

  • こちらは季節の会席料理プランなどを中心に予算で利用でき、なおかつ客室露天風呂のお部屋なども楽しめます。お部屋のランクを抑えると、但馬牛彩り会席の但馬牛尽くしのプランも楽しめます。客室露天風呂付きのお部屋は、露天風呂と和室10畳のほか踏込みや広縁も付いています。ランクを抑えた部屋でも8畳あり、エレガントな雰囲気の和室を楽しめます。温泉も広くて立派な造りをしていて、旅館全体が高級感に包まれています。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/12/12)
  • 木造りの露天風呂に風情があります

  • 山陰隋一の純日本旅館を銘打つだけあって、とても風情のある温泉宿です。ヒノキ造りの内湯と露天風呂があり、どちらも素敵な雰囲気ですよ。予算次第では露天風呂付き客室に泊まることもでき、ゆっくりとプライベートな入浴を楽しむこともできます。湯上りにはマッサージサービスを受けることもできますよ。夕食は地元の四季折々の旬の食材を使った会席料理で、3月いっぱいくらいまでは松葉ガニの「かにづくし」プランや、「津居山かにと但馬牛熟成肉」が味わえるプランなどがあるので、ご検討なさってみてはいかがでしょうか。
    RRgypsiesさんの回答(投稿日:2019/11/29)
  • 城崎温泉の老舗旅館を楽しむ

  • こちらは結婚記念日にふさわしく城崎で風情を楽しめる、純和風の高級感のある旅館です。客室露天風呂の部屋は12畳と6畳の二間続きで、広くて快適な空間でのんびりできます。客室露天風呂からは、雪景色が楽しめ、庭園の木に積もる雪がキレイでした。料理はカニをメインとした会席料理となり、刺し身や焼きガニなどカニ尽くしを楽しめます。津居山港・柴山港など地元の漁港から厳選された、松葉ガニを使用していて贅沢でした。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/11/ 8)
  • 昭和レトロな和室の部屋

  • 城崎温泉駅から徒歩15分のところにあり、創業100年以上の老舗旅館となります。昭和レトロな和室8畳は、ゆったりとくつろげる雰囲気に満ちています。歴史を感じる和室で、木のぬくもりや伝統が作る温かさを感じました。料理は季節の会席料理が楽しめ、食前酒から季節の甘味が並びます。松葉ガニがメインの焼き物や台物がそろい、城崎の雰囲気を楽しめる伝統的な料理でした。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/11/ 1)
  • のんびりと過ごす大人の宿

  • 関西圏ならば電車一本で行けるアクセス抜群の超定番の温泉地。夜の街の雰囲気も最高だが、やはりこの宿の落ち着いた佇まいと、美味しい料理でゆっくりと過ごすのが一番です。最近は外出せず滞在中は宿でのみ時間を費やします。大浴場も複数あり清潔で気持がいい。
    こつがきさんの回答(投稿日:2019/10/21)
  • 城崎温泉で季節感のあるレトロな宿

  • こちらは季節感を感じることができる露天風呂があり、それは宿の庭園の大浴場の前に位置しています。竹が植えられていて、和の雰囲気と和の造りの風呂でノスタルジックな気分を楽しめます。料理は季節の会席料理で地元の海の幸や山の幸を満喫でき、但馬牛やこうのとり米の名物も楽しめます。一口サイズのメニュー、一匹サイズ(魚)のメニューと分けられ上品な盛り付けでした。お部屋は昭和レトロ、大正ロマンあふれる造りで風情豊かです。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/10/19)
  • 大人の隠れ家でのんびり

  • この宿は古き良き日本旅館といった雰囲気で自然に囲まれてとてもゆったりとした時間を過ごせます。情緒ある和室の部屋から庭園の眺めながら、ただただのんびりできてほっとします。お風呂も美しい造りで竹林を見て、本当に心から癒されます。夕食では四季折々の会席料理をいただけて、大人の贅沢な宿といったところです。
    マモーさんの回答(投稿日:2019/10/18)
  • 趣きの異なる4つの露天風呂付き客室があります

  • 西村屋本館さんにはお庭や山麓の雪景色を眺めながらのお風呂が楽しめる、露天風呂付きの客室が4部屋あります。それぞれ趣の異なるお風呂に、お部屋も大切なお二人の記念日を過ごすのにぴったりの上品な雰囲気の和室ですので、ぜひ候補にされてみてはいかがでしょう。
    りっちゃんさんの回答(投稿日:2019/10/15)
  • 外国人が好むデザインの旅館

  • 純和風の和室のお部屋がある旅館です。昭和レトロな雰囲気と、歴史のある建物で外国人の方を出迎えてみてはいかがですか?日本が好きな外国人は日本文化を好きになりやすい傾向にあります。庭園などが広がるこちらの純和風の旅館は海外の方の好奇心をくすぐると思います。
    ヤギヌマさんの回答(投稿日:2019/9/ 8)
  • 和の風情溢れる日本建築の宿

  • 伝統の日本建築で和の風情に溢れ、障子、襖、畳のお部屋があるこちらの宿がおすすめです。広縁からは手入れの行き届いた日本庭園を眺めることができます。外観や中庭の雰囲気、また、温泉やお料理などすべて和風の宿なので、きっと気に入っていただけると思います。
    kaoriさんの回答(投稿日:2019/8/29)
  • 地物タグ付き活松葉かにの本生かにづくし

  • 「16畳+広縁の露天風呂付き特別室」の「観月の間」か、12畳+6畳+リビングのお部屋はどうでしょう。タグ付きの活・松葉かにの浜茹で姿一杯分がついて、他にかに刺し、炭火で焼かれた焼がにと、かに味噌、かにすき、かに雑炊と究極の「かにづくし料理」が堪能できます。
    一郎ちゃんさんの回答(投稿日:2019/8/25)
  • タグ付松葉か「津居山かに」をフルコースで楽しめます。

  • 歴史と風格のある城崎温泉を代表する西村屋が一押しです。城崎温泉の近くの津居山港で水揚げされたタグ付松葉かには、その高い鮮度と深い甘み、凝縮された旨みから「津居山かに」として知られています。その高級カニをフルコースでいただけます。かに宝楽蒸し、焼きかに、かにしゃぶ、かに刺し2本のフルコースカニ三昧を満喫できます。さらにもう一つの但馬の名産、但馬牛も楽しめます。熟成した、牛肉本来の芳ばしい香と深い旨みの熟成肉ステーキで楽しめます。2つの高級食材を堪能できるお宿なので、一押しです。
    どんどんさんの回答(投稿日:2019/8/17)