ただいまの口コミ投稿数93,412件!温泉からはじまる旅がある 宿が選べるQ&Aランキング

「湯の網温泉 鹿の湯松屋」の口コミ&詳細

8
おすすめ!
湯の網温泉 鹿の湯松屋

鉄分豊富!ストレス解消に伝説の鉱泉!!評判、 キンキの塩焼きが食べられる。里山の長閑な宿

「湯の網温泉 鹿の湯松屋」のホテル詳細

温泉

お風呂の種類
温泉、大浴場、家族風呂、天然温泉
泉質
単純泉、鉄泉、中性低張性冷鉱泉
効能
筋肉痛、ストレス、冷え性

食事場所

朝食
部屋、個室
夕食
部屋、個室

チェックイン・チェックアウト時間

チェックイン
15:00(最終チェックイン:18:00)
チェックアウト
10:00

交通アクセス

常磐自動車道『北茨城IC』より15分・『いわき勿来IC』より20分 

提供:楽天トラベル

「湯の網温泉 鹿の湯松屋」についての口コミ

  • 海鮮と温泉を堪能できる鹿の湯松屋

  • 昔懐かしい昭和を感じる老舗宿。大自然の山中にあるので本当に静かで、現実から離れてリラックスするならとても良い宿です。鉱泉の質もかなり良くお肌ツルツルになり疲れも癒せます。何と言ってもお料理が美味しい。海鮮がメインできんき塩焼きやお刺身、ズワイ蟹と満足頂けるはずです。建物は古く昭和レトロな感じですが、女将さんを含めたスタッフの方の暖かい対応は素晴らしいです。旅行を振り返った時、記憶に残る宿だと思います。絶品料理と温泉、リーズナブルなので静かに過ごしたいならおすすめです。
    温泉大好き夫婦さんの回答(投稿日:2022/1/28)

通報する

  • レトロ感いっぱいの静かな和風旅館

  • 茨城県でしたら「鹿の湯松屋」はいかがでしょうか。全10室でレトロ感いっぱいの静かな和風旅館です。温泉は鉄分を多く含みながら肌触りも優しいお湯で湯あみできます。食事は定番のキンキの塩焼きやズワイガニやお刺身など海鮮を主体とした会席料理が味わえます。
    Behind The Lineさんの回答(投稿日:2022/5/ 4)

通報する

  • ズワイガニのお料理が食べられる茨城の温泉宿

  • 夕食でズワイガニのお料理をいただくことが出来るおすすめのお宿です。蟹の季節を外れてしまうとかに料理が外されるので注意が必要です。カニ以外にも新鮮な魚介類を使ったお料理が美味しいおすすめのお宿です。温泉は鉄分豊富な天然温泉です。
    綾ちんさんの回答(投稿日:2022/2/20)

通報する

  • 茨城・湯の網温泉の部屋食のお宿!

  • 鹿の湯松屋は夕食、朝食ともに部屋食のお宿なので、おすすめいたします!ここならカップルでプチ贅沢を楽しめますよ。夕食はズワイガニやきんきの塩焼き、旬のお刺身をお部屋でいただくことができます。朝食にはやなぎがれいが出てきます。温泉は赤茶色のにごり湯で、貸切で利用できてカップル向きなので、オススメいたします!
    どんどんさんの回答(投稿日:2022/2/19)

通報する

  • 奥茨城の知る人ぞ知る秘湯

  • リピーターが多い、北茨城の市街地から少し奥まった場所にある鉄分が豊富な鉱泉で、身体の芯までほっかほかに温まります。料理は地元の野菜や山菜、魚介類が中心で、特に冬場の名物「あんこう鍋」と地魚の煮物又は焼き物が絶品です。
    tatsuhitoさんの回答(投稿日:2022/2/ 2)

通報する

  • 茨城県内で食事が部屋食のご予算に合う温泉宿です

  • 茨城県の湯の網温泉にある赤褐色の鉱泉とキンキの塩焼が評判の宿です。こちらなら夕食にはきんきの塩焼きを、(部屋食)朝食は軽めプランがあります。また単純鉄冷鉱泉で赤褐色の湯の温泉を鹿のタイル絵を見ながら入れるます。そして夕食には人気のきんきがまるごと一匹塩焼きで骨までパリパ食べられます。特にうにの貝焼きや季節のお煮しめ盛り合わせなどは絶品ですよ。
    うまきさんの回答(投稿日:2022/2/ 1)

通報する

  • 伝説の鉱泉と言われる鉄分の多い温泉を堪能できる温泉宿

  • 鉄分が豊富な鉱泉の温泉を楽しめる温泉宿です。お料理はキンキの塩焼きや季節のお魚のお刺身などをいただくことが出来ます。静かな環境で里山を楽しめるすばらしいお宿です。お風呂も丁度よい広さでゆっくりと楽しめます。
    綾ちんさんの回答(投稿日:2022/1/15)

通報する

  • 赤褐色の鉱泉の部屋食の宿

  • 北茨城の山間にある穴場的な昭和レトロ感が漂う静かな一軒宿です。赤褐色のにごり湯の鉱泉は貸し切りもできて日頃の溜まった疲れを癒してくれます。夕食はキンキの丸ごと一匹の塩焼きやズワイガニなどの海の幸や他にも家庭的な料理が並びます。夕食、朝食ともに部屋食なのでこのご時世安心していただけます。
    ひひんさんの回答(投稿日:2022/1/ 4)

通報する